【動画あり】ワールドカップで注目のバルサ「ガビ」のプレースタイルと3つの特徴!

男性スポーツ選手

てけもけです。

もうすぐ、ワールドカップ2022が始まりますね!

今回は、ワールドカップで注目の的になるであろうバルサの新生「ガビ」について調べました。

ガビのwikiプロフィール

名前 パブロ・マルティン・パエス・ガビラ(通称:ガビ)
生年月日 2004年8月5日(2022年、18歳)
身長/体重 173cm/70kg
出身国 スペイン
所属 FCバルセロナ
ポジション ミッドフィールダー
主な受賞歴 コパ・トロフィー(2022)、ゴールデンボーイ(2022)
ガビ

世界で多くのタイトルを獲得しているFCバルセロナで、たった16歳でリーガ公式デビューを果たした最も完成度の高いミッドフィールダーの一人だそうです。

【動画あり】ガビのプレースタイル

ガビのプレースタイルは、FCバルセロナのHPにて、以下のように記されています。

非常に優れたテクニック、プレービジョン、チームプレーのキャパシティ、リズムのチェンジ、スペースの使い方への理解など、あらゆる能力に長けており、それに個の力の強さにプレーへのインテンシティが組み合わさることで、守備においてもチームを助け、チームにとって必要不可欠なピースとなっている。

引用元:FCバルセロナHP

ガビのポジションは、ミッドフィールダーです。

ミッドフィールダーといえば、攻守ともに重要な役割を持つポジションですね。

オフェンス面において、フォワードのポジションの選手にシュートのアシストパスを行ったり、ディフェンダーから渡されたボールを前に運び、攻めを展開する役割を持ちます。

また、時には積極的にミドルシュートを打って得点を取るなど、様々な能力が必要となります。

ディフェンス面においては、相手チームのミッドフィルダーをマークし、相手チームの攻撃を制限させるなど、攻守両方において重要な役割を持ちます。

 

ガビは、攻撃的ミッドフィールダーです。

攻撃的ミッドフィルダーはフォワードのすぐ後ろに位置して、フォワードへのアシストや、自らのシュートを積極的に狙っていきます。

 

ガビのプレースタイルのうち、特に際立つ点は、

・ポジショニング

・スペースの開け方

・強気なプレー

・泥臭さ

 

だと思います。

 

ポジショニングやスペース予測

まずはじめに、ポジショニングやスペース予測です。

以下の動画が参考になります。

ガビは、ゲーム展開を把握・予測するのが非常に上手ですね。

状況を把握・予測し、スペースを活用し、味方のパスルートを作ることで、攻守の両方に活かしています。

ガビは、常にスペース予測をした上で、パスルートを作っています。逆に相手のパスルートを潰すように積極的なプレスを仕掛けることで、ボールを奪取しています。

状況を見極めて、最適なプレーをするガビは、これで18歳というのですから驚きですね!

 

サッカーでは、ポジショニングやスペース予測は基本的なことだとは思いますが、この基本が高いレベルで仕上がっていると言えるのでしょう。

強気なプレー

続いては、強気なプレーです。

ガビは、ミッドフィールダーなので、攻守の両方でアグレッシブなプレーです。

 

以下の動画の6分21秒を見てください。

強気なプレーをしていくためには、相手に競り負けない強いフィジカルや、メンタルが必要になっていきます。

 

ガビの身長は173cmで、体重は70kg。

ポジション別ではミッドフィールダーの平均身長は、他のポジションと比較して一番低いと言われていますが、それでも180cm以上(W杯の出場国平均)がほとんどです。

 

サッカー選手の中では、身長が高くはありませんが、フィジカルで競り負けないことから、鍛え抜かれた筋肉と強いメンタルを持っているのでしょう。

泥臭さ

最後は、泥臭さです。

すべての動画で、ガビの泥臭さがわかります。

いろいろな場面で、相手と接触して転びそうになっても、すぐに立ち上がって、ボールを追いかけていきます。

このようなある種の泥臭さを連想させるプレーは、観客にとっても応援したくなりますね!

 

世界で強いFCバルセロナにおいても、こんなに強い存在感を出すことができるというのは、ガビはすごいですね!

 

最後に

今回は、スペイン代表のガビについてご紹介しました。

最後まで見ていただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました